ラオスの新年は4月
今年は14日〜16日だったそうで
ちょうど私の移動日が新年でした。
(おかげでタイでの買い出しもできず・・・)
「サワディーピーマイ」は
「明けましておめでとうございます」
的な言葉でしょうか?
ピーマイ=新年だそうです。
バスに揺られながら
村に向かう道中も
所々で
バケツをもって構える子供達。
そう。
最近は日本でもタイの水かけ祭りで
有名になってきたソンクランが
ラオスのピーマイラオなのです。
水てっぽうやら
バケツやら水風船やら
水をかけられたら困るなぁと
いうことで私はそっと窓を閉めましたが
若者を中心にお酒も飲みながら
かなり盛り上がるピーマイラオ。
そんなに頑張って水を貯めなくても・・・
で、村の中心はもっと賑やか。
タドロの滝への道はこの通り。
車でバイクで徒歩で
あちこちから
この周辺にこんなに人口あったんだ
と思うくらい人で賑わっています。
いっぱい店が出ていても
ほとんど同じ内容なのは
いかにもラオスらしい?
でも中には豚の丸焼きも
ステージもできて
連日連夜
爆音でダンスに興じる若者たち。
その爆音は
このタドロの村から
私たちの農場にまで音が届くほど。
その距離は道で約6km
直線距離でも4kmほどあるんじゃないかと。
とにかくお酒と
爆音と
ダンスが大好きな
ラオス人
ピーマイラオは年に一度の大祭りでした。

from Blogger http://bit.ly/2vdHavp
via IFTTT