傷口にシルクパウダーを

posted in: 商品開発・実験 | 0
下り坂のカーブ
突然のヘビに
急ブレーキ
結果
単身単車で転びました
安全運転を心がけていたので
擦り傷と打ち身程度で済みましたが
日本のかもしれない運転とは
また違う「かもしれない」を身につけていかなければと
実感しました
で、これは丁度いいと
ラオス産シルクと再生医療の技術が融合され
作られたシルクパウダーを傷口に
。。。
足は写真で見せれるレベルではないので
最も傷が浅かった
左手のみ掲載
既にパウダーを塗った後なので大変分かりにくいですが
手首はパックリきれて皮がめくれています
めくれた皮を元の位置にもどし
傷口にパウダーを塗ったところ
ものの見事に傷口が塞がりました
足はもっと酷かったのですが
血が流れることがほぼなく
ひとまずバイキンが入らない程度に
すぐ固まってくれました
そして感動なのが
当日からでもシャワーを浴びれたこと
流石に怪我の当日はしみましたが
翌日は全くしみない!
今は怪我から一週間ちょっと
徐々に傷口が癒えてきました
流石人工皮膚を作る技術です!
これをナイトファンデーションなど
美容に使おうというのですから
なんとも贅沢な話です
医療と美容が近づいているとは
聞いていましたが
まさにその通りだと実感したバイク転倒事件

from Blogger https://ift.tt/2EwVWBv
via IFTTT