久しぶりに食べれる森の経過観測。

画像7

本日も空が綺麗です。

野菜やハーブを植えてみた

実は少しづつ玉ねぎにニンニク・生姜やトマトにパクチー、かぼちゃ・トウモロコシなどなど野菜やハーブを植えていました。
基本的に若干草を刈る以外手入れはなく、雨に合わせて植えただけ。

画像1

玉ねぎは少しづつ芽が出始めて来ました。トウモロコシも元気一杯育っています。
土作りもしていないので、最後まで成長するかは不明ですが、そのまま経過を観測して見たいと思います。

画像2

最も簡単な一つと思われたディルやパクチーなどのハーブを混在させて撒いたところ、翌日には穴ぼこいっぱいできてました。
今ここではまだ場ができていないので、虫が異物として捉えたのでしょうか?
それでも一部は芽が出てくれると信じて待つとします。

ポットで苗作りも開始

ある日、少数民族の市場でドリアン発見!
匂いが苦手な人も多いですが、個人的には結構好きなフルーツ。
かなりの栄養価があるのか、私は1回につき一粒で満足の味がします。
カオニャオと一緒に食べても美味しいんですよ!

ということで種取り用に(と言い訳して)一つ買ってみました。
美味しくいただいたのち、早速ポットへ移植

画像3

わずか3日ほどでモリッと芽が出て来ました!
味も味、香りも香りなら、芽もなかなか独特のフォーム!
ズボッと上に伸びて土に戻るスタイルらしいです。

他にもマンゴーアボカドの種もポット中。マンゴーもアボカドも食べたものから種を取り出してみました。

で、マンゴーの種をポットに入れようとしてウォンに相談したら、そのままでは腐ってしまうとのこと。
どうするの?と聞くと、
殻を割るんだ!」
と割ってくれました。

画像4

こちらが衝撃のマンゴーの種の中身。ハマグリみたい。
右側の白いところが根っこになるそうで、それを下に向けて土に入れるんだそうです。
勉強なります。