MARUSUGI

白生地からオリジナルの帯を

白生地”には”
無限の可能性がある。
。。。
そんなことで
白生地の可能性を伝えてきたけど
白生地”にも”
無限の選択肢がある。
(そして概ねこちらの方が重要だったりする)
ものづくりを初めて
「白」=「素材」
にも無限の組み合わせが
存在し
またそれが
大変ながら
「白」こそ面白い
なんて
いっちょまえに思ってしまった。
そこに色をつけるにしても
模様をつけるにしても
素材がいいと
いとも簡単に(というと語弊がありますが)
いい風合いが生まれる。
例えばこの生地。
桐生で特殊な白生地を織ってもらった。
そこにバティックの下絵。
臈纈のあと、自身の好みの色を染める試み。
(もちろんどんな色かは
イメージに合わせ数通り用意します)
生地がいいので
柄も生きてくる(と思う)。
そしてもう一つ。
これは・・・
白生地を最大限いかし
ポイントで
我らがお蚕さんを
自ら収穫した
天蚕の糸で
刺繍をする。
夢のような試み。
今回は
2つの素敵な
白生地(帯)
でオリジナルを作るという試み。
果たしで
どのように仕上がるか
首を長くして
待って見たいと思う。

from Blogger http://ift.tt/2tLU01M
via IFTTT