ラオス二日目。
トゥクトゥクを走らせること20分。

簡単な打ち合わせを終えて、
いよいよサラヴァンに向かいます。
パクセから2時間

少数民族が多く暮らすこの地域は
15の村が点々としているそうです。
この地域で暮らす少数民族は5種族。
カトゥ族、タオイ族、ソニ族、ナゲァ族、アラッ族(現地の人の発音をカナ表記したため正確では無いかもしれません)
ラオスの中でも最貧困地域の一つだそうで、
私たちが見たらびっくりする環境で生活しています。

しかし、おかげと言っていいのか
農薬や化学肥料を使う余裕もなく
そのままの大地が残っています。


この化学兵器で微生物が殺傷されていない土地と
そしてこの土地に暮らす彼らと
どのように付き合って
上手に桑を育てることができるか
今から楽しみです。
まだまだ大変なこともあると思いますが

どうぞ暖かく見守っていてください。

from Blogger http://ift.tt/2C8dmWm
via IFTTT