ラオスにいると
日本では何も考えずに手に入るものが
実はとても入手困難なものだと気付かされます。
その中でも最も重要なものが
「水」
日本の様に上水道があるわけでなく
雨水を貯める
川の水を引く
そして
井戸を掘る
こういう作業が必要となってきます。
で、さすがに雨水というわけにもいかず
井戸を掘ることに
どんな古典的な作業かと思っていたら
意外としっかりした機械があり
四日がかりで
80mほど掘ってくれました。
(作業開始までに紆余曲折があったのはいうまでもありませんが。。。)
ところで今まで建築中はどうしてたか?
というと
そこはやはり川の水
500mほど坂を下るとある川に行き
ポリタンク一杯で30リットル
これを5杯
特にセメントの作業が始まると
毎日持ち運んでいました。
やっとこの作業からも開放されるでしょうか?

from Blogger https://ift.tt/2PznyKE
via IFTTT