農場を離れ
いよいよ一旦帰国の途につく
その道中
少数民族がやっている
市場に立ち寄ると
あたりに立ち込める香ばしい香り
炭焼きトウモロコシが
醤油もつけず香っていた
紫や黄色、白色が混ざった
現地のトウモロコシ
がそれよりも気になったのは
その隣
バナナの皮で何を焼いてるか?
その答えは蜂蜜
勿論蜂の子入り
ものは試し
購入して開いてみると
こんな感じ
ちょっと酸味がある香り
一口食べると
、、、
まぁ詳細な表現は避けます
味はやはり酸味があり
とろみもあり
若干の蜜の香りという感じ
まぁまた食べたいかというと
そうでも無いけど
とにかく栄養たっぷりな感じでした

from Blogger https://ift.tt/2Rs0zBN
via IFTTT