前回は野放しすぎて
さすがに発芽しなかった
落花生
今回は勲炭に
ぬか、おがくずなど混ぜて
毎日水をやって
(水がひねれば出るって素晴らしい!)
すると
約1週間
無事に発芽が観測されました。
豆はアリが早速かじっていましたが・・・
トマトも一足先に
発芽を観測
無事に育つといいのですが。
管理者のオンとペッが愛情を持って
育ててくれるでしょう。
ちなみに今回
桑の挿し木にも挑戦しているのですが
挿し木に使用されなかった
端っこわずか3cm
そのまま地面に埋まっていた端切れ
その小さな枝からも発芽が!
こちらは根がつくか分かりませんが
桑の生命力に驚かされます
地元民は近くの川でこんなに
見事に野菜の栽培をしています。
水さえあれば
乾季は作物の栽培に適しているようです
この菜園も
勲炭を大量に撒いているようでした
あとはおそらく牛糞でしょう。
というのも
ラオスでは牛の放牧に毎日出会います
もちろん道端にフンをするわけですが
数日たち乾き始めると
綺麗さっぱり無くなります
道端に散らかったフンはどこにいったか?
よくよく聞いてみると
畑の肥料に持ち帰るのだとか
なんといい循環でしょう!
そんな暮らしがこのまま続くといいですね。

from Blogger http://bit.ly/2MhaU2l
via IFTTT