これほど風に愛された生地が

今まであっただろうか?

糸の質を求め

織り方を求め

染め方を求め

タイの山奥で手紡ぎ手織りで作られる。

ここまでして、やっと彼女の優しく強い生地は、

その優しい光沢と最高の風通しを生み出すのだろう
***************
Tu-san(通称)
彼女のタイシルクに求めた想いと技術の高さはタイの王室にも認められ、王室に生地を納めるなどタイでも特別に認められれたテキスタイルデザイナーの一人。
王室御用達の認可シールを提供されるも、生地を傷めるとの理由からそのシールを貼らないというのも彼女の人柄が表れる。
今ではジムトンプソンなど有名なデザイナーも彼女のテキスタイルに惚れ込み使用している。
丸杉では40年来の付き合いから特別にオリジナルを織ってもらうなど深い付き合いの中、着物や帯、コートに襦袢など様々なものを作成。
彼女の作る4PLYの生地で襦袢を着ると、二度と他の物には変えれないというほど好評。