「薬を使わない土地」

「生きたままの繭」を作り出すこと。

それがラオスで養蚕を始めた理由です。

私たちは養蚕をするにあたり土壌の選定から始まりました。

無農薬栽培の土地でも有機栽培の土地でも

実は日本では探すのは困難だったのですが

幸いにも南ラオスでは”薬”を使う習慣がなかったため

土壌が綺麗な状態で残っていました。

桑を作る際もそのまま綺麗な土壌を守るため

農薬や化学肥料はもちろん不確かな有機肥料も使用せず

土地にあるものを利用した完全自然栽培をしています。

また、そうすることで、今後農薬などの化学物質が懸念される南ラオスの土壌を守り、働き手の健康を維持していきたいと思っています。