ハーブ農園少しづつ

posted in: ラオス無農薬栽培 | 0
レモングラスにミント
カランガルを植えてみました。
レモングラスは3〜4ヶ月ほどで大きくなるそうですが
今からは乾季に入るので水をまけるところだけ。
本来はまかなくてもいいように6月くらいに植えたいところですが、
ちょっと先に試験栽培。
ちなみにレモングラスは2種類あるそうです
慣れた手つきで一つづつ植えて行きます。
果たして無事に育つでしょうか?
ちなみにカランガル(カー)
も2種類あってノイとニャイ。
ドライバー兼通訳のこのブログでは確か新顔チョムさんが
家から持ってきてくれました。
カルダモンの葉に酷似していて
カルダモンを探したくてもみんなこれだと言います。
ネットで調べてみるとやはり違うような・・・
ラオスにはカルダモンがあるそうなんですが
そのうち見つかるでしょう。
でも似てるような。
カーのタネもどんな風になるか
みてみたいと思います。
ミントは燻炭で土つくりをしてくれました。
自社農園の籾でできればよかったのですが、
今回は近所の精米所から分けてもらいました。
稲マルチは自社農園のもの。
今から乾季に入るのである程度日陰を作ってあげて
保水性も高めてあげないといけないそうです。
ちなみにちなみにミントも2種類あるそうです。
非常に似ていてわかりにくいですが、
きちんと2種類分けれるでしょうか?
そんなわけで養蚕の桑園はもちろん
生姜に米にハーブ
少しづつラオス自然農園もいろんなことができるようになってきました。

from Blogger https://ift.tt/2LMsEDM
via IFTTT