IMG_0004

12月10日より3日間開催される勝山健史展にむけて、帯と着物が届きました。

上品で大胆、繊細で強い。

そんな両側面を見事に抱擁している、他に類を見ない帯と着物です。

見るだけでも一見の価値があります。

この着物に出会えば、その価値観が変わるでしょう。

それほど丸杉が惚れ込んだ、至極の着物と帯。

長野で養蚕から始めることで、可能となった、その着物をごらんください。

イベントの詳細はこちらー>

イベントは終了しおります