ラオス農園は時折朝から雄大な景色に包まれることがある。
真っ暗な外が深い青みを帯び始めると、次第にまだ低い朝日に照らされ
雲が赤みを帯び始める

太陽が昇るに連れて、空が淡い紫色に変わると、一層雲を赤く照らし出す。

この日はまた格別に空が燃え始めた。
驚くほど赤く染まった空

わずか数分の出来事。
ずーっと見とれていると次第に空は明るくなり、いつもの表情に戻っていった。

サワディーと声がする。
気がつくと6時半。
さぁお蚕さんに餌をあげよう。