パッションフルーツが花を咲かせました。
ではまずちょっとその軌跡をご覧ください。

5月24日 パッションフルーツ発見
こんなとこからパッションフルーツ出てきたぞ〜
ってウォンさんが発見したのは約3ヶ月前
誰かが食べてポイッとした種から出てきたんだそう

画像1

でもその時は僅かこの程度。
因みにこの時人生で初めてパッションフルーツの葉っぱをいただきました。
美味しいか?って
葉っぱの味でしたよ〜

7月25日 天井を作る
ヴィエンチャンから帰ると、勝手にパッションフルーツの天井(?)ができていました。

画像2

まだやっとこさツタを這わせて天井にたどり着いたかつかないかくらい。
そしてそれから1ヶ月強の今日。

9月3日 花と実を確認

画像3

早くも花が咲きました!
発見からわずか3ヶ月強の出来事。
何ともエキゾチックなフォルム。
パッションフラワーより随分と大きい花を咲かせます。

画像4

せっかくなので別の角度から。
なんかかっこいいですね〜

画像5

すっかり天井に這い始めています。
そして奥には実がなりかけてますね。
このまま未だ未だ雨が降る間は伸び続けるんだそう。

画像6

まだ青いですが、ピカッと輝いて綺麗。
パッションフルーツのスペシャリテは格別だそうで、この実がみのるまでにジンを用意したいところです。

で、いつ収穫するのか?ウォンさんに聞いて見ると・・・
「採ったら美味しくないから、ポトンと落ちたやつを食べるんだ」

と教えてくれました。
これこそまさに生産者だけが味わえる贅沢な味です。・・・って、勝手になってきただけだから生産者とも言えないんですけどね 笑

さてさて、先ほどこのパッションフルーツは葉っぱも食べれると書きましたが、すぐ隣に別のツタが這っていて、この葉っぱも食べれるんだそう。

画像7

美味しい葉っぱです。
いや、葉っぱにも美味しい美味しくない、好み好みじゃないってあるんですよ!
どんな味か?
うん、葉っぱの味です。

画像8

こちらも今はスルスル〜って伸びてます。
で、葉っぱを食べるためのツタかと思っていたら、何とこのツタも実をつけるそうで・・・どんな実か尋ねてみたら

赤くて小さなつぶが連なっている実

なんだそう。みなさんだったら何を想像しますか?
私は真っ先に山葡萄を想像しました。
で、写真を見せたら、違うけど近いそう。
スグリを見せたら、違うとか何とか。

一体どんな実がなるのでしょうか?
昨日花が咲いていたのでもうすぐでしょうか?楽しみです。
ブドウ系だったら嬉しいな〜

画像9

で、よく見ると葉っぱ2種類ありますね。
もう一方(5角形みたいなもの)もやっぱり葉っぱを食べるんだそうですが、そっちも実がなるそう。

小さな赤い実が、これは連らずに一つづつなるとのこと。

ん〜気になりますね!
どなたか葉っぱから診断できる方、教えてください!!

画像10

こちらがブドウ系と思われる葉っぱと小さな花

画像11

こちらが小さな実を一つつける方の新芽。

いやぁそれにしても、どんだけ豊かな土地なんでしょう?
もうそろそろ色々と出尽くしたかな〜なんて思っていたのですが、
そう思うのは未だ未だ早そうですね

どんどんどんどん色々と出てきます。
パッションフルーツ、パッションフラワーは森に行くと思いますが、これらのツタはどうでしょうか?美味しくヘルシーな実がなるといいな〜

毎度毎度楽しませてくれる自然・植物たちに感謝です!