先日の家蚕体験に続き
今度は私たちの試み
野蚕の天蚕飼育がいよいよ始まります。
天蚕とは
先日美智子様が山つけをされたと話題になった
絹のダイヤモンドと称される
あの野蚕です。

皇后さまは8日、皇居内の養蚕施設で天蚕(てんさん)と呼ばれる野生の蚕の卵を、餌となるクヌギの枝につける「山つけ」の作業をされた。皇后さまは卵を張り付けた短冊状の和紙を枝に巻き付け、ホチキスで留めていった。皇室の養蚕は、明治時代から歴代皇后によって受け継がれてきた。【高島博之】毎日新聞

 まさか自分たちが天蚕を養蚕するなんて
思っても見なかったので
皇居内で養蚕されているのは
初耳でした。
それにしてもまさか
同じ種の野蚕を
育てることになるとは
と驚きとともに
なにか
神聖な気持ちになりますね。
そんな天蚕の卵は
このような形
一瞬いりごまかな?
と思ってしまいます。
よく形を見ると
ひらぺったいような
いびつな球です
だいたい3mmくらいでしょうか
家蚕よりよっぽど大きな印象。
これが今月末には
2〜3令まで育ち、
山に放しに行く予定をしています。
さぁ無事に生まれるでしょうか?
育つでしょうか?
初めてのことで
一筋縄ではいきませんが、
見守っていきたく思います。
なお
丸杉は
17日〜21日まで
バーゲンです。
何が出るか
お楽しみに。

from Blogger http://ift.tt/2pn7eE1
via IFTTT