今日もシルクフラワーパフを使って、肌がサラサラしています。
肌がはってくるおかげか、心なしかシワが薄くなってるように思います。

さて、今日は少し繭を離れてラオス食材を使った料理の紹介です。
それは紫トウモロコシ

紫トウモロコシの伝統菓子作り

の記事でも載せた通りラオスでは主食として、お菓子として使われています。
紫色なだけあって、ポリフェノールがワインより多いのだとか?

日本のスイートコーンのような甘さはないけれど、しっかりした味があって、これはこれで美味しいんです。

そんな美味しくヘルシーなトウモロコシ。ラオスでは季節はもう終わり。
・・・なのですが、天日乾燥させきちんととっておきました。

それがこちら。
見事に綺麗な紫色です。

これをどうやって使うかというと、現地のお菓子作りに習ってパウダー化。

一生懸命タムタムしました
それをふるいにかけて、ある程度の均一な粉を作成。
右腕が筋肉痛になりそうなので、次回からはミルで粉砕します。

これをこのままでもいいのですが、少し炒ると香りが立ってきます。

そこに豆乳を豆乳・・・もとい投入。
練ってある程度固まったら油で焼いてみました。

豆乳とともろこしのお菓子・・・?なんでしょう?
まぁお菓子みたいなものです。
米粉も小麦粉も使わずトウモロコシパウダーだけで作ってます。
豆乳との相性は結構良くて優しく美味しいお菓子ができました。

そんなわけで、調子に乗って第二弾。
豆乳コーンスープを作ってみようとしたら、思いの外ホワイトソースみたいになったので急遽パスタ作りを開始。

これはかなりおいしいです!ちょっと火を入れすぎてソースが固まりかけてしまいましたが、料理上手な人が作ったらかなり美味しくなりそうです!
ほのかにトウモロコシの味と香ばしい感じがするのですが、強すぎないので邪魔しません。
パウダーが荒いのが玉に瑕。少し口に触りましたが、もっと細かいパウダーができれば面白食材ができそうです!

カルボナーラとかにも良さそう。

料理上手なみなさんなら何に使いますか???

この食材、もし興味あるって方は、ご一報ください。
info○marusugi-tao.com
まで。(○を@に変えてお送りください)

少量ですが、年内に少し販売できるかもしれません。