芋茎と空芯菜

posted in: ラオス無農薬栽培 | 0
最近ハマっているのが農場の空芯菜
今までさほど意識してたべてこなかった空芯菜
中華料理とかタイで炒め物とかに入っているイメージ。
そんな空芯菜が多分農場にもなっています
今は朝顔のような白い花を咲かせています。
思っている空芯菜より大きめの葉っぱですが
こんなものなのでしょうか?
この空芯菜がなんともいい味を出してくれるんです。
以前載せたお粥にも使用しています。
ちなみに現地の人は葉っぱより茎を食べるんだそう。
そしてその隣にあるのが芋茎(ズイキ)
芋の茎って書くんですね。
ウォンさんに聞いたところ
「これは芋を食べずに茎を食べるんだ」
と言っていたのでズイキだろうと判断
こんな感じ。
左奥にはパパイヤもだいぶ育ってきました。
このズイキもなかなかさっぱりとして美味しいんです。
現地の人は肉系の料理に使用するのだとか。
私は本日この2品を使ったカレーに挑戦。
やはり空芯菜がいい味を出してくれて
なかなかの出来栄えでしたが、写真撮るの失念。
農場の採れたてを毎日食せるのは
なんとも贅沢な話です。

from Blogger https://ift.tt/2NjlZ3t
via IFTTT