先日の温泉施設に行く際に、立ち寄って見ましたコンロー洞窟。
実はラオスはかなりの洞窟(cave)があるそうで、私たちの農場の近くにもあります。まだ行ってませんが・・・
世界最大の洞窟があるのではないか?と言われているのをテレビでも放映していました。
そんな洞窟国家の中でもこのコンロー洞窟は最大規模だそうです。
と言う事で、温泉に浸かって気分転換になったついでに、やってきましたコンロー洞窟
IMG_1709

こちらは温泉行きと違い若干の田舎道を走らせます。
写真はライフジャケットを持って待っている案内人たち。
結構システム化されていて受付に案内係りの順番表があり、人数を言うと次の案内人をマイクで呼んでくれます。
IMG_1707

どうやらここはフランスとイギリスの支援があったようです。観光客も欧米系の人が多くみられました。近くにはゲストハウスや簡単なレストランもできているほど。
IMG_1712

待合場所の雰囲気も綺麗になっていていい雰囲気です。
で、どうしてライフジャケットかと言うと、この先は川。
実は洞窟内を川を降る(登る?)って観光するらしいのです。

IMG_1713

案内人に連れられて竹の橋を渡り左の奥へ。

IMG_1715

ちょっと逆光でみにくいですが、この奥の穴が洞窟
いよいよ洞窟内に踏み入ると
IMG_1720

非常に暗くブレブレですが、小さな船が見えてきます。
これにのり洞窟探検スタートです。
かなり不安定な感じな船と明かりの少なさに五感が冴え渡ります。

IMG_9040

ところどころボートを降りて鍾乳洞探索。
仏さんを岩に見るのかところどころでお供えもしてありました。
IMG_9047

そしてまた船に乗り暗闇を進み続けます。
今回は時間がなかったので1時間コース。途中で引き返しましたが、通常は3〜4時間かけて洞窟を向こう側まで抜けるそうです。
中にはバイクごとこの不安定なボートに乗せて向こうまで渡るつわものもいました。

思いの外、感性が刺激されたいい観光体験。
ビエンチャンからは車で5時間ほどかかるそうなので、1〜2泊コースでしょうか?もう少し足を伸ばして温泉に行ってもいいですし。
山頂のアスレチックも立派な施設ができて、観光客が増えているようです。

IMG_9057

ラオスらしからぬ立派でスタイリッシュな山頂の施設。コーヒーや食事もできますがメインはアスレチック。時間がなかったのでこれも体験できませんでしたが、時間があればやってみたいですね。

ビエンチャンに来られた方は、少し時間をとって、アスレチック・洞窟・そして温泉と体験して見るのもいいじゃないでしょうか?