先日も投稿したタピオカの元となるキャッサバスライス。
これに水を入れてミキサーにかけ、でんぷん粉をとっている最中なのですが、実はミキサーにかけた状態で待ちきれずちょっと料理を試してみました。

もちもちキャッサバ焼きプレーン

IMG_1693
ミキサーに入れたものをそのままフライパンで焼いてみました。
一つはプレーン
黄色いのは朝ごはんに作ったカレーの残り汁を入れてみた。
でんぷんがかなり強くもちもちもいいところ。
ミキサーに残った洗い粉が少し口につくけど、十分食べれる。
もち米を潰して焼いた・・・つまり餅です。
塩をつけていただきました。
黒酢とかで食べると美味しいかも。

お好み焼きともんじゃの間のようなキャッサバ焼き

IMG_8888

こちらも残りのカレーを思いっきり混ぜて、油で焼いてみました。
表面がカリッとなるくらいが一番美味しい感じ。
ただ、やはりそのままではもちもち感が強過ぎます。
味は美味しいんですが、食感をもう少し考えたいところですね。

一番美味しい揚げキャッサバ

IMG_8863

プレーンのものと、先ほどのカレー味を揚げてみました。
油勿体無いので揚げ焼きのような感じです。
高温でパリとあげるまでやるとかなり美味しいです。
個人的にはプレーンのが美味しい感じ。
コメせんべいですね。

やはり塩でいただくのが美味しい感じ。
オンにもおすそ分けしたらびっくりした表情で
「セーブ(美味しい!)」
とのこと。現地の人にも受け入れられる味でした。

今のところ揚げたものが一番美味しい感じです。
お庭にキャッサバ芋がある方お試しあれ。

なお、食べれるキャッサバといっても毒性が全くないわけではないので、皮を取り、洗い、十分な熱を加えることが必要だそうです。

さてさて、肝心の粉作りの方は、先日から少し雲行きが悪く、寒かったり湿度が思ったより高かったり、雨まで降る始末。キャッサバ粉無事に乾燥してくれるでしょうか?