昨日熟したバナナの粉を作ってみました。
どうして作ることになったか経緯を話す前に、先に結果。
熟したバナナの粉は、思っていたより美味しいパンケーキができます

DSC_1831

写真は試作。
まずはベーシックな味を、と
米粉とバナナ粉とベーキングパウダーで焼いたもの。
砂糖を入れず、小麦を入れず、しっとりふんわりとした食感で、甘く美味しいパンケーキ
ができました。
きっと粉だけでクレープ生地とかに利用しても美味しいんじゃ無いでしょうか?

小麦アレルギーの方でもきっと安心して食べることができます。
グルテンもフリーです。
しかもこのバナナは天然物100%
一切の薬を使わずに作られた自然のバナナ。
気軽に自然の力を取り入れていただけます。

今のところひとまず試作段階ですが、しばらく色々と試してみたいと思います。

バナナ粉は失敗から生まれた

DSC_1834

さて、そんなバナナパウダーができる経緯は失敗から。
石のように硬いバナナと称されるバナナの品種を入手してしまったのが前回の

乾燥蒸しバナナ作りでわかったバナナの種類

この記事。
二種類あるって分かった、美味しく無い方のバナナの品種が石のバナナ。

この時は、なんとも失敗したなぁ
でも二品種があるって分かっただけでも失敗した価値があるや。
程度に思っていました。

「まぁ硬めの乾燥蒸しバナナでも食べれるし、そこそこ美味しいし。」

程度の気持ちで、残りの硬いバナナを干していました。
すると、なんと、これが思った以上に硬くなってしまった。
まさに石のバナナ

さすがにこれは食べれない!
ウォンさんもお手上げ。
捨てるしかない。

・・・

いや、パウダーにしてみよう。
となってバナナパウダーが誕生したのです。

これが予想以上に美味しかったのでびっくり。
甘みがあるので、残念ながらネギ焼きにはマッチしませんでしたが、パンケーキなどには最適な感じがします。
デザート作りに詳しい皆様ならどう料理するでしょうか?