昨日無事に上蔟(お蚕さんが繭を作り始めるので場所を移す作業)を終えました
一生の内の8ー9割分の桑を食べる5令期〜上蔟は養蚕の間で最も忙しい期間
朝6時から夜の10時まで給桑。
これでもか!という桑の量でも朝には見事食べ切っているほど
朝から晩まで食べる食べる
繭作りに向けてエネルギーを一気に蓄えているよう。
そしてそんな忙しい期間に
なんと京都から養蚕のスペシャリストである
大学の教授が駆けつけてくれました
恐らく養蚕の技術においては
日本でも一二を争う程の知識と経験を持ち合わせた教授
そんな教授がサポートして頂けるなんて本当にありがたい話です
上蔟になったお蚕さんの選別や
道具の使い方、
蚕種のことや桑のことまで
改めて基礎から学ばせていただきました
さすがプロ中のプロ!
そして1日たつと無事に繭を作り始め
2〜3日かけて繭を作りつづけます
上はまだ若干透けて見えますが
下は大分繭ができてきました
初の自社農園で全てを賄った繭
まだ今はなかで蛹化中なので詳しくは調べれませんが
一部調べたところ重さや形大きさは十分な出来ばえ
一安心です。
とはいえまだまだやる事は残っています。
このシルクが皆さんの心と体のケアに役立てるよう
最後まで丁寧に見ていきたいと思います。

from Blogger https://ift.tt/2CF3ZMo
via IFTTT