ラオスの農場にはまだまだ食べれる自然の恵みがあるらしい
農場には土地の境界の目印として大きな木が一本あります。

IMG_9793

ある日この辺りを歩いていて気がついた。
足元にはたくさんのカメダワシ。。。いやイガグリ?
IMG_9794

「あぁ、隣のキャッサバを植えた人たちが食べ散らかして・・・」
なんて思っている側で
ボトッ
ボトッ
と音がする。
不意に見上げると

IMG_9796

あの木に実がなっている!

ちょうど今が熟している時らしく、自然にボトボト落ちるのだ。
大きさは手のひらを広げたくらい。
しかもトゲトゲも硬い。
これは頭に落ちたら大変だと退散。

IMG_1955

近くで見るとこんな感じ。
ぱっと見イガグリ??海だったらウニと見間違いそう。
で、ウォンさんも勿論これを発見。
「食べないの?」
て聞かれるから
「食べれるの?」
て聞き返したら
「もちろん」
だって。聞いた私がバカでした。

IMG_9763

そんなわけで中身を確認。
親指大ほどの小粒な実がいくつか入っていました。

ジャックフルーツの親戚?不思議な木ノ実のお味は?

食べれると聞いて引き下がるわけにはいきません。
早速実食。
味はジャックフルーツのような味
なんだけど、
どこかヨーグルトのような味もする。
ひょっとしてビフィズス菌か何かで発酵してる
木のまま発酵したのか、落ちて発酵したのかわかりませんが、少し発酵しているようです。

総じて日本人にはあまり馴染みのない味かな?
一粒で満足いくくらい何か栄養持ってそうな感じはしました。
スーパーフードかもしれません。
お腹いっぱい感はドリアン食べた時のようでもあります。

どなたかこのフルーツご存知の方教えてください。

ということで、かなり色々自然の恵みを食べて来ましたが、この農場だけでもまだまだ色々ありそうです。