以前の記事でも紹介した乾燥蒸しバナナ。
かなり美味しいので、乾季が終わる前にもう一度作ってみることに。
そしてそこで新たな発見が。

以前の記事はこちら↓

ドライバナナ作り その2 バナナは蒸すと赤くなる

まずはバナナの熟させ方

IMG_9902

大量販売のバナナは薬で黄色さをだす。
そんなことをみんな言っています。(真実は不明)

しかし、この村がバナナの熟しに使うのはこの葉っぱ。名称は不明。
普段この葉っぱは魚をとるのに使う(魚が食べる?)らしいのですが、
今回はバナナを包み込みます。

IMG_9904

包み込んで袋に入れて、2〜3日日陰で放置するだけ。
すると見事に黄色く熟します。
熟すと言うより、若干発酵が促進されているようにも感じました。

魚をとるための葉っぱですが、まだまだ奥が深そうです。

同じようで違う?バナナの種類

そして熟したバナナをカットして天日干しをしたのですが、ウォンさんからご指摘。
こっちはいいけど、こっちはだめ。
美味しくない。
赤くならない
全く同じに見えていたバナナ。
しかも同じところから入手したのに、どうも味が違うらしい

IMG_2036

写真ではわかりませんが、熟して甘くなったバナナ
もう一つは硬くパサっとしたバナナ
両方とも若干黒さが皮に出始めたくらい黄色く色づいていたもの。

だけど味は全く違います。硬さも全く違います。

よくよく聞いてみると、なんと言うことでしょう!
同じに見えていたバナナにも種類があったなんて。
小さいバナナや大きなバナナ、種ばかのバナナはわかるのですが、まだ他にも種類があったとは初耳です。

なるほど、あの赤く美味しいバナナにはこんな秘密があったんですね。
美味しい種類の美味しい瞬間だけをピックアップして作られた蒸しバナナ。
なおさら貴重に思えてきます。
(ちなみにこの一見同じに見える二種は同じバナナとし流通に乗り販売されるようです。)

おかげでまた新しい事実を学ぶことができた一日。
早速明日は美味しい方のバナナを農場に植えてみます。

さぁ乾燥したバナナは無事に赤くなるでしょうか?
明日以降おってまた報告いたします。