農園で飼い始めた鶏
先日より卵を産み始めました

この鶏は餌を与えない鶏

農園中を朝から走り回り
土の中の虫などを食べて育った鶏
もっとも自然に近い鶏と言えるでしょう
スーパーで見慣れた卵とは違って
なんだか神聖な感じがします
先程まで温めていたらしく
少し暖かさが残っています
命を頂く。
言葉では分かっていたけれど
ラオスにいるとそれが
体と心で感じる事ができます。
因みに農場スタッフはそれすら超えて
当たり前のこととして作り育て食しています
まさに自然の一部なんだなぁと感じます
卵はというと
日本のスーパーの
ふた回りほど小ぶりなこのサイズ
写真だと伝わりにくいかな?

from Blogger https://ift.tt/2PdRXRu
via IFTTT