柱から壁へ
日に日に表情を変える建築
外装が出来るとまた一層
建築らしさがでてきました
地元の木材で作られる
お家兼事務所兼養蚕室
いよいよ完成が近づいてきましたが
まだまだこれから
内装へと入っていきます
電気に設備に
ラオスの人とのコミュニケーション
きちんととれるでしょうか?
ちなみにこちらでは
電気も設備も木工事も
全部同じ業者(?)がやるようです
デッキから見えるカボチャも
いい感じ!

from Blogger http://bit.ly/2GyU4KR
via IFTTT