山岳民族のタバコ

posted in: ラオス無農薬栽培 | 0
タバコは百害あって一利なし
なんて言われますが、
元々は神事や薬として使われていたようです。
こちらの山岳民族さんも
みなさんタバコを吸っていますが、
自生のタバコのようです。
初めて見ました
生タバコの葉っぱ。
これを乾燥させると
近くに落ちている葉っぱの所に行き
「本当は緑のを使うんだけど」
と良いながら葉っぱを拾い出し
(どの葉っぱでも良いのではなく、決まっているようです)
くるりと包んだら
無農薬・無添加タバコの完成。
こちらの人はタバコも薬として
常時自分の家の庭に植えてあるそうです。
市販のタバコも同じもの?
と質問すると、
「あれは薬いっぱい使って栽培していて
紙で巻くので全部毒だよ」
的な回答でした。

from Blogger http://bit.ly/2Y5eEbC
via IFTTT