トウモロコシといえば黄色???
いえいえ
ラオスで現地の人が食べるトウモロコシは
紫色か白色(薄い黄)
なんです。

黄色いトウモロコシもあるんですが、それは品種改良されたタネを隣国から買って、農薬や化学肥料とともに育てています。自分たちは食べずにまた隣国へ売られます。

ところがこの黄色いトウモロコシの生産は近隣では年々少なくなって来ているようです。
年々収量が落ちるとか、農薬買ったりしなければいけないことがあまり良くないと気づいたのかもしれません。(単純にキャッサバの方ら楽で儲かるからかもしれませんが。。。)

農場の紫色のトウモロコシは超自然栽培

DSC_2455

一方農場のトウモロコシは紫色。
土の改良も、農薬も、肥料も、水やりですら不要のとっても土にあったトウモロコシ。
雨が振り始める頃に、昨年とっておいたタネを植えただけのトウモロコシ。

小さくてもっちりした紫トウモロコシは、日本のスイートコーンのように甘くはないですが、結構美味しいんです。

効能も??

この辺りは正確な分析をみたわけではないですが、ペルーの紫トウモロコシ・チチャはポリフェノールがワインよりも多いとか、アントシアニンの一種が糖尿を予防したりするらしいですね。同じ紫色の品種改良されていないトウモロコシですから何か似たような効能もあるかもしれません。

紫色になるだけの理由はきっとあると思います。

ウォンさんの調理方法

では現地の人の食べ方をみてみましょう。
もちろんそのまま茹でたり焼いたりしても食べるんですが、ちょっとしたオヤツ代わりにこんな料理もするようです。

IMG_0620

トウモロコシは茹でずにそのまま実を削ぎ落とします。
それを少量の水・カオニャオ(なくてもいいらしい)に入れて茹でたら、ココナッツを投入。仕上げに砂糖を入れて完成

DSC_2469

お味はというと、女性受けしそうな甘〜いスープデザート。
カオニャオを入れたので、カオトムのような味になりましたが、トウモロコシだけだったら、もっとスイーツ感が出そうです。
ウォンさん的には一杯砂糖を入れた方が好きなよう。

どうやらココナッツとトウモロコシは非常にマッチするらしく、白いトウモロコシでパスタを作ったらそれも中々美味しい味に仕上がりました。トウモロコシは半分ほど潰してココナッツと混ぜてソースにしています。

IMG_0610

ところで、紫色のトウモロコシはパウダーにもするそうで、そちらも挑戦してみたいと思います。それはトウモロコシを乾燥させる必要があるのでまた後ほど。