絹の美容家さんたちの素敵な着物姿

先日もブログに書いたように、一昨日丸杉に東京や大阪、神奈川から絹の美容の専門家さんがご来店。
実は、私たちが着心地を求め行き着いた
「生の絹」
に美容の観点から行き着いた方。
こんな素敵な絹の筆を
なでしこで有名になった
熊野で作っています。
しかも絹100%
その効果なんかは今後の実体験(私がするのか!?)を元に
おいおいレポートしていければと思います。
そんな彼女たちと意気投合し、
施術中の着物を作ることになっていたのです。
施術中の着物??
いやいや、
着物って重いし
お腹が苦しくなるし
施術なんて・・・
という第一印象を持つ人も
多いんじゃないでしょうか?
かく言う私ももちろんそれに近い印象。
・・・・しかし着物が重いなんて、苦しいなんて・・・・
と言うことで、なるべく軽く
動きやすく
すぐに着れる
ああ!
ここでも結局
生の絹に行き着くのか!
と言うことで、黄色い繭を使った
絹の手織の着物を提案。
早速できた着物を着せあって
びっくりするくらい
軽く
楽な着こなしに
形容ではなく
本当にみなさまびっくりしていただきました。
洋服より軽い!!
なんて!
なんて嬉しい言葉でしょう。
4月にもまたmayunowaさん一行がご来店予定です。
絹の美容にご興味ある方
4月に是非mayunowaさんに訪ねて見てください。

from Blogger http://ift.tt/2lxkMui
via IFTTT