超自然栽培

posted in: ラオス無農薬栽培 | 0
種を持って来て
植えるだけ。
土地にあった植物はやっぱり強い。
たったそれだけで、見事かぼちゃが実をつけました
面白いのは、出て来た芽や花も食べること。
結構美味しくてびっくりですが、
その芽を食べる行為が剪定となり、
かぼちゃのツタを増やす効果になるんだそうです。
他にも
(多分)きゅうりも種を植えてたら
芽が出て来ました。
タネの周りはさすがに雑草をカットしてますが
2〜30cm四方程度のカットです
かぼちゃの隣には
原種と思われるとうもろこしも。
もちろんタネも自分たちで乾燥させ
昨年のものを取っておく循環型。
バナナは自生でいくらでも生えてくるし、
唐辛子や落花生もある
全部水もあげないし
雨期が近づいたころ種を植えるだけ。
または挿し木をするだけ。
雑草力が強いので
食べれない雑草はさすがにちょっとカットしてますが。
桑畑にはこんにゃく芋も。
これも自生。
「食べれるの?」
と聞くと
「痒くなるけど食べれるよ」
とその晩試しにいただきました。
ちなみにタマリンドと混ぜると痒くならないそうです。
同じような芋がもう一つあり
それは痒くならないのだとか。
ちなみにこんにゃくとして食べるのではなく
茎を煮るだけの料理でした。

from Blogger http://bit.ly/2JtpgNB
via IFTTT